予備日を設定しておく


12月1月2月はなかなか難しいのですが

その他の月では週に1日予定を入れない

日を設定するように気を付けています。


理由は次のとおりです。

1)お客様の突発的な出来事に対応

2)新規対応

3)デスクワークの日


余裕がないと、事務所に戻ってからの夜に

対応することになり、疲弊します。

かつて、そうでした。


予定の入れ方も工夫していて、

源泉事務・年末調整、個人確定申告の時期

以外は半日ずつの予定で回すように工夫し

ています。

かつては、丸一日夜までとか

午前・午後・夕方とか

手帳の予定が詰まっているのが当たり前で

した。


さらに今考えているのは、

半日の残りの半日でルーチンやタスクをや

りきってしまうことです。


今、ゆっくり読み進めている本は

十人十色の「ひとり税理士」という生き方

会計事務所クラウド化マニュアル

1日の仕事を3時間で終わらせるダンドリ術

で、いずれも税理士さんが書いたもので

大変参考に面白く味わって

読ませていただいております。


そんな中で、平日に1日予定を入れない日を

設定しておくのは、大前提だと考えています。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント