河内のFP税理士の成長記

アクセスカウンタ

zoom RSS ツイッターログ(280116〜280131)

<<   作成日時 : 2016/02/11 08:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

税理士報酬について。年間報酬が50万を超える優良法人は経験則からもそうそうバンバン入ってはきません。じり貧で待つか分割して(年4回訪問安価)しのぐか、自分は後者を選びました。

マイナンバーの幕開けは市役所に提出する償却資産税の申告からです。なぜなら書面提出の場合でマイナンバー(個人)の場合に本人確認と委任状と税理士の身元確認が必要になるからです。

商売をしていて投資マインドがないとなかなか前には進みません。現状維持ではじり貧。経費節減だけでは革新は望めません。幸いにしてネット営業が好調なので思い切って経費を使えます。妻には怒られますが(笑)。

毎晩10時半の限界まで仕事をする日が続き週末も返上だとふと夜8時なんかで切り上げるととてもゆとりがあるように勘違いします。慣れは怖いですね。忙しいとメンタルがキツイですが鍛えられタフになります。

今まではがむしゃらに仕事に打ち込んできましたが、これからは健康面を含めて自分の身を守ろうと思います。時間がかかるとっは思いますがお客様との間にきっちり契約書を交わそうと思います。リスク軽減のために。

個人事業の限定版のやよいの青色申告(パッケージ版)を活用すれば年明けの今からでも集中して取り組めば決算申告が可能です。コツはありますが青色申告の場合は65万円控除も狙えます。

最近特にお気に入りのブログを見に行ってもフェイスブックでも私的な閲覧履歴や購買検討商品が本当に追いかけてきますね。グーグルの設定かも知れませんが個人情報がだだもれだと実感します。

記帳代行はある意味で汚れ仕事なのかも知れません。なんでもかんでも領収書を突っ込んでくるのをどう消化するかというジレンマがあるからです。単価は上がりませんが弥生ドライブのチェックが気楽ですね。

自由業の自由さを死守するために今は家族だけに手伝ってもらい何とか回しています。それでも年の半分はどうしても忙殺される始末です。大きくするつもりはあまりないのですが今なお分岐点のようです。

マイナンバー(個人番号)と法人番号では取り扱いが大きく異なります。個人番号の場合はかなり厳格な対応になるのに対し法人番号はオープンのためそこまでは求められないようです。

個人事業の場合で弥生会計などの会計ソフトで記帳する場合に「事業主貸」(生活費、経費にならないもの)と「事業主借」(生活費からの入金・立て替え、受取利息など)があります。慣れれば大丈夫です。

常にゆとりをもってことにあたる・・・をモットーにしますます発展中の優良関与先があります。年明けから辛抱の連続でしたがようやく業務が追いつきつつあるので油断せず仕上げに頑張ります。

税理士にとって1月はハードな時期です。年末調整は年末だけでなく年明け組もある上に(1/10、1/20)(1)法定調書合計表(2)給与支払報告書(3)償却資産税の申告があるからです。終われば個人の確定申告です。

アマゾンパントリーが結構便利ですね。送料がかかりますが一品ずつチョイスできるので結構ハマります。今後の品ぞろえに期待しています。

マイナンバー対応は当面は償却資産税と28年からの届出書での対応だけで行けそうです。ただ28年の年末調整から相当な負担増なので個人の確定申告明けの春以降でしっかり準備をしたいと思います。今年はいっそう息が抜けません。

年4回の定期訪問のお手軽プランも今となっては善し悪しで、独立当初は時間が有り余っていたので手厚くサービスができたわけです。そのせいで古くからのお客様を甘やかしすぎた傾向があるようです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ツイッターログ(280116〜280131) 河内のFP税理士の成長記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる