河内のFP税理士の成長記

アクセスカウンタ

zoom RSS マイナンバー運用後は申告書の書面提出(税理士)は手続きが煩雑に

<<   作成日時 : 2015/06/30 20:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

税理士会の研修に出席した。午前はマイ
ナンバー、午後は税制改正である。税理
士の研修受講が努目標から義務化にとも
ない危機感をもって臨んでいる。

マイナンバーは27年10月より番号通
知が始まり(個人、法人も)28年1月
より運用開始で対策・準備は待ったなし
である。

最近の週刊現代の新聞広告見出しでもセ
ンセーショナルにマイナンバーで一網打
尽に課税されると書かれていたが、あな
がちウソではないと考えている。

これからは管理社会の色合いが強くなり
法令遵守で不正はきっちり裁かれるので
はないだろうか。

要は不正をしなければよいのであって、
やましいことがなければ便利な側面もあ
るのだと考えたい。

さて表記の件だが、マイナンバー運用後
は本人確認の関係で税理士が税務代理人
として、

(1)代理権の確認(委任状の添付)
(2)代理人の身元確認(税理士証票)
(3)本人の番号確認(個人番号カード)

が書面提出では必要である一方、電子申
告での税理士が代理送信の場合は現在と
変わらない扱いであることが判明した。

これって明らかに電子申告への誘導が本
音だなと実感した次第である。

「外圧」によって法人・個人とも電子申
告に対応できるようになったが、今なお
書面提出もあるので今後の対応や業務改
善が求められそうだ。

マイナンバーのインパクトは電子申告の
比ではなくとんでもない事務負担と業務
の変貌が予想される。

いよいよ待ったなしだ。


国税庁 社会保障・税番号制度の早わかり
http://www.nta.go.jp/mynumberinfo/pdf/hayawakari.pdf


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
マイナンバー運用後は申告書の書面提出(税理士)は手続きが煩雑に 河内のFP税理士の成長記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる