ツイッターログ(261216~261231)

税理士+ファイナンシャルプランナー(CFP)で独立起業して12年、FP的手法は様々な局面で役立っていますが今後は富裕層へのアプローチが課題です。東京まで日帰り往復して身につけた総合資産コンサルティングを実践する時がきました。まずは自己分析から(笑)。

楽して結果を出したい税理士向けに「共同出版」とかいって原稿もろくにかかないのに本の帯や税理士紹介欄に名前を連ねてお金を出して本を書いたフリをするのがはやっているようです。私はほとんど詐欺だと思っています。本ぐらい自分で書けといいたいですね。

相手の手の内を知っておきたいので各種メルマガや税理士業界新聞(アックスコンサルティング)や要チェック税理士のHPは欠かさず見るようにしています。同業他社の研究は差別化戦略をしていく上で欠かすことはできません。あと弥生会計の動きも当然ながら。

会社経営で資金繰りに奔走する以上の苦労はないと思います。会社の規模が大きくなると運転資金も借入金が必要になってきます。赤字でなく売上が順調でも資金がショートすれば黒字倒産もありうるので資金繰りには万全の備えが必要です。融資枠の確保は必須です。

実務書やビジネス書など紙媒体でしか読めないものもありますが、どちらかというと辞書的に使うのでそれほど問題はありません。それに対してビジネス雑誌や自己啓発関連は電子書籍で読むので何とか時間が取れ重宝しています。5分の時間も馬鹿になりません。

12年も開業税理士をしていると特段に税務調査の対応件数が突出しているわけではないですが、「そろそろ来るな・・・」とか「危ないな」と経験則で気付くことが多々あります。税務調査の選定のシステムは完全には熟知していませんがやはり来るのには理由があるからです。

プロビジョンの参謀役の月次(決算)報告書の古田土会計版の表紙に「打つ手は無限」という言葉があり大変気に入っています。確かに窮地であきらめたらそれまでですが知恵を絞れば活路は必ず見いだせると信じています。打つ手もですがアイデアも無限です。工夫をやめたら成長は止まります。

26年分は今からでは遅いですが、青色申告の個人事業主向けに税務署からの記帳指導というものがあり税理士が年3回から4回程度「無料」で派遣され個別に指導を受けることができる制度があります。マッチングと考えることもできます。私は八尾税務署で10年担当しました。

年末は29日まで年末調整、正月は2日まで休み3日から年末調整の残りと年明け年末調整の段取りで実質の休みは4日でしょうか。おかげさまで暇ではなくなったので仕事が切れ目なくあることに感謝しております。個人的にも思いますが仕事は忙しい人に頼むのがいいと思っています。

FP(ファイナンシャルプランナー)の資格だけで食べている人は相当に特化したスキルとバックオフィスと富裕層の囲い込みができているのだと思います。これからいよいよ富裕層向けのサービス体制を整えますが、給与所得者や年金受給者だけではなかなか商売としては厳しいですよね。

個人の町工場のお客様を訪問していた時の話。金融機関(銀行)の担当者の対応を経営者は敏感に感じるようで集金以外でも毎月訪問してくれ気に掛けてくれるところもあればたまにしかのぞかないところもあるようで合併で大きくなってもお客様目線でない所は使えないのだとか。

クラウドやPCのリモートコントロールが大変便利なように取り上げられていますが、万一何かあった場合のリスクを考えた場合、少なくても「無料」のサービスはやめておいたほうがよいと考えています。まだまだ様子見ですね。便利さの裏側にはとてつもないリスクもあるのではないでしょうか。

ネットで何もかも無料で済ますひともいますが私はビジネスでの最低限の情報収集や常識の基本は日本経済新聞だと考えています。もちろんWプランでネットの有料会員でPCでもスマホでもチェックしています。またかつて購読していた日経MJ(流通新聞)も検討しています。

目標を掲げることは当たり前ですがとても大切です。少し位背伸びをした目標でもちょうどよいくらいなのかも知れません。夢や目標は掲げて具体的にイメージしなければ実現することはないでしょう。2014年のいくつかの目標が無事達成できそうです。次のステージでまた目標を設定します。

忙しくて弥生会計の記帳が後手後手になる場合でも普通預金の入出金やメモ書きをはじめ書類を一元化するなどしていつでも追いつけるようにしておくことが大切です。その気になって半日1日取りかかれば随分進むはずです。伝票辞書や摘要辞書も駆使しましょう。

個人で事業を始めても軌道に乗って節税を追及していくとやはり法人が有利だと気付くと思います。社長が会社から役員報酬として給与の形で受け取ることで事業所得は給与所得に転換され給与所得控除(サラリーマンの概算経費)の分だけ所得を圧縮できます。デメリットは社会保険でしょうか。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント