ツイッターログ(261016~261031)

少額減価償却資産で取得価額30万円未満損金算入で年間合計300万円まで使えますが、やりすぎると市町村の償却資産税でしっかり課税されます。そこで一括償却資産など工夫が必要ですが、やはり税込10万円以下が一番後腐れがないです。

原価計算という考え方はビジネスにおいて非常に重要です。売上は伸びていて極めて順調に見えたが利益率が落ちていて思ったほどもうかっていないということが何年も経営している会社にさえ起こっています。アイテム別管理、現場別管理などをしっかりすべきです。

弥生会計で記帳していればプロフェッショナルかAE(会計事務所専用)限定ですが5期比較(5年比較)が出力でき非常に参考になります。おすすめは、3色マーカーを使って増大している経費や注目すべき科目などをわかりやすく色をつけて客観的に分析することです。

最近は達人のアドバイスもあり、事務所のPCはデスクトップではなくノートパソコンを使っています。最初はコンパクトで買い換えたときに処分しやすいからと考えたのですが、バッテリーがあるため停電にも強いので今後はノートパソコンのみにしていきます。

個人事業で開業や会社設立したら迷わず加入しておきたいのが「小規模企業共済」である。退職金を「個人」で積み立てる制度で所得税・住民税で所得控除で引くことができ節税も図れる。迷わずと言ったのは加入資格が後からでは満たさなくなることもあるからだ。

弥生会計で入力できるお客様は多いが、「集計」の機能を使って試算表(貸借対照表、損益計算書)で全体を見たりチェックをしたりが苦手か知らない方も実はチラホラいます。したがって記帳代行ではなくても弥生会計を活用して税理士がお手伝いする余地があるわけです。

税理士は税務署の回し者ではない。税務署との関係では税務調査に強いか弱いかだけでなくお客様の立場で税務署から守ってくれるかがとりわけ重要です。ただ税理士法に「公正中立」とあるので脱税までは自己責任で守らないので回し者と言われるのかもしれませんね。

独立起業当初はなかなか勇気を持って料金を高めに設定できないかもしれませんが、それでも5年10年とまじめにコツコツと継続していれば必ず飛躍のチャンスがやってくるものだと実感しています。軌道に乗せてから顧客の選別でも遅くはないと思います。

事業コンセプトも大事ですがポジショニング(立ち位置、自分の生き残る方法)も重要だと思います。ポジショニングを間違わなければ競合や相見積もりでも負けないし自信を持って勝負ができます。あとは何が自社にとってブルーオーシャンかを意識すべきですね。

情熱税理士(大阪市、福山税理士)の電子書籍で2年ほど前に「なるほど」と気づいたのですが、医者しか診察はできないのに対して税理士は税理士業務補助として職員(事務員、スタッフ)に実質上はほとんどハンコ(古い?)以外のことをやらせていることが悲劇の始まりですね。

SWOT分析を活用しています。S(Strength:強み)とW(Weeknesses:弱み)とO(Opportunities:機会)とT(Threats:脅威)の2×2のマトリクスに要素・要因を書き出します。自己分析や事業の自己分析などから始めるとイメージがつきやすいです。

ビジネスでは売上が上がらないとお話になりませんが、だからといって売上至上主義に走るのも大変危険です。原価計算や販管費の管理や変動費の管理を怠ると、売上は順調だがちっとも儲からないという事態になりかねません。前期比較で最低限のチェックはすべきですね。

税務関係の実務書は必要に応じて適時コピーもとるので書籍で購入しますが、ビジネス雑誌や話題の新刊書籍は電子書籍で購入することが多くなりました。全体を俯瞰したり流し読みをするには意外と電子書籍が便利です。速読のような読書感があるような気がします。

どんどん伸びている会社の社長とそこそこ伸びている会社の社長と毎年特に変わらない会社の社長には、あえて詳細については触れませんが客観的に見せていただいて「なるほど」という原因と結果があります。税理士との付き合い方にもそれは表れるようです。

お寺のお坊さんと税理士の不景気な共通点。「毎月は来てもらわなくてもいい・・・。」檀家や顧客のニーズを読み間違うと残念な結果になりかねません。税理士業界では会計ソフトの導入で記帳代行の丸投げからの脱却を図る賢いお客様がとても増えています。

ヒアリング不足でもれがあると怖いので、「何か変わりはありませんでしたか?」とお客様と会ったときは必ず聞くようにしています。経営者は忙しいのでメモを取りながら聞くように心がけています。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント