ツイッターログ(260701~260715)

所得税・復興税の予定納税がある方は通知がきていると思います。減額申請をする場合は7/1~7/15でする必要があります。一番典型的なのは法人成りをして個人は廃業している場合です。売上が大きく下がっている場合も前年と比較した資料添付で減額できます。

相続税の基礎控除(申告が必要かどうかのライン)にギリギリか少し超えるようなら婚姻期間20年以上の贈与税の配偶者控除の活用(居住用財産の贈与)で相続財産の圧縮が有効です。相続税の申告でも「足し戻し」しなくてよいので直前でも有効な手当です。

読書は積ん読ですが好きな方ですね。最近は書店に立ち寄ることも減ったため普段は日経新聞の広告やアマゾンのオススメ表示に頼っています。決まった書籍を購入するには目次が確認できることの多いアマゾンで十分だと考えています。アマゾンでは思わぬ出会い買いも楽しいですね。

お中元お歳暮は心配りに甘えてありがたく受け取っています。もちろんお礼の連絡は欠かせませんが。また、ささやかながらお客様のお祝い事には御祝いをお贈りしています。年間で10万円もいかないので十分必要経費の範囲だと考えています。

メールはネット上で管理送受信できるWebメールがとても便利で重宝しています。BIGLOBEのメールが数年前からサービスを開始したのでそれを使っています。出先でもPCがあればログインし署名付きで送信、送信履歴がいつの分でも同期され場所を選びません。

税理士業務を行う上で守秘義務は生命線なので事務所PC遠隔操作はあえて利用していません。万が一の際には全てを失うからです。また無料のクラウドサービスも万が一のことも考えて固有名称を使わずに工夫して利用しています。便利さとリスクの兼ね合いはなかなか難しいです。

今までなかなか機会がなかったのですが、会社を解散し会社を清算する手続を司法書士と連携しながら最後までお世話することになり知識だけでなく実務として確実に身につけることができそうです。最後まで責任をもって携わることができることで安心いただけそうです。

税務調査は怖いかも知れませんが、「すべての」取引を会計ソフトを使って複式簿記で記帳していて売上も仕入・外注も振込であればそうそう恐れることはありません。なぜなら一番悪質である売上除外や架空経費の可能性がないからです。せいぜい細かい経費や期ズレの指摘くらいです。

スケジュール管理は手書きのFP手帳とスマホのジョルテ(グーグルカレンダー同期)の二刀流です。手帳は時間単位で1週間ごとの予定を見渡すのに便利で、スマホは1ヶ月の予定の入り方や前月や来月や1年前をチェックするのに便利です。

現物の書籍だけでなく電子書籍も活用しています。キンドル端末に何十冊も持ち運べ時間も有効活用できます。旅行や宿泊の友です。スマホでもキンドルアプリを入れることで何冊も持ち運ぶことができ重宝しています。キンドルは同期できるのもとても便利です。

ビジネスとして当たり前かも知れませんがクイックレスポンス重視しています。電話・FAX・ケータイ・メール・LINE・フェイスブックMSGでお客様とはほぼオンラインでつながっていると考えています。どんなに遅くても当日中には返答するよう心がけています。

税務署の人事異動も終わりいよいよ税務調査も臨戦態勢です。これから秋にかけてが税務調査のピークです。必ずではありませんがたとえば3月決算は半年後の9月頃がそのタイミングかと考えています。もちろん例外もありますが。さて今年はどうなることやら。

2番手とも言われる会計ソフトを介護会計の関係でどうしても使わずにはいられない理由があり導入しましたが使い勝手の「違い」に愕然としました。弥生会計は単に一番売れている会計ソフトというだけではないと思い知りました。使いやすいからですね。

休日や帰省や宿泊で事務所を離れることがありますが、私は事務所PCの遠隔操作なんてリスクが高く怖すぎて使う気にもなりません。スマホとガラケーとWebメールとエバーノートと弥生ドライブさえあれば大きく困らないのでゆっくり休養できています。

人生守りに入ったら負けだと今はそう強く思っています。もうこれくらいの売上でいいだろうと守りに入り経費の削減を始めたらあとはじり貧だと思うのです。もちろんキャパの問題もあるのですがまだまだ攻めて営業を続けていきたいと思います。残り半年を切ったこれからが勝負です。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント