関西サイクルスポーツセンター 自転車初心者教室

子供が越えなければならない道がいくつかある。
自転車にコマなしで乗れるようになることもその一つだ。
週末の公園だけではなかなか道は程遠かったのだが、
日帰りで1日約4時間ほどで一気に道は開けた。

関西サイクルスポーツセンターで5歳以上を対象に
自転車初心者教室が定期的に開催されていることを
知りさっそく予約した。

なかなかの人気のようで先の日程でなおかつ特定の日
しか空いていないくらい盛況だった。

いよいよその日がやってきて、少し早起きして車で八尾
から約1時間、外環状線のほぼ1本道で到着した。

天気は晴天。不安と期待のなか1日は始まった。

初めに先生からの注意点とビデオがあり、終わったら
ヘルメットを選びいよいよ初心者広場で練習スタート。

保護者もなかのベンチで見学可能で適時に水分補給等
の休憩をとりながらの練習だった。

①ペダルを両方はずしてバランスをとり両足で前に進む
 練習をして慣れる
②昼からは右足のペダルだけを付けて練習
 右足でこいで進んでできるだけ足をつかずに前へ
③慣れてき子供からいよいよ左のペダルも付けてもらって
 両足でこぐ練習

感心なのは両足でこぐころには次々と乗れるようになる
子供が続出したことである。

ドキドキしながら見守っていると、先生に「いってみようか」
と左のペダルを付けてもらいアドバイスをもらいゆっくりと前
へ送りだしてもらうと、

「進んだ!進んだ!できてる、できてる。」

思わず夫婦で感動したが、うれしかったのは何よりも本人
だったようだ。

乗れるようになった子が隣の初心者広場で練習するのだ
が、そこで何度も何度も失敗しながら半泣きになって怖さ
を乗り越え、帰る頃にはようやく本物の乗りっぷりになった。

初心者教室が3時に終わってからも自由に練習ができ、
小さい自転車から16インチ(今コマなしで)、18インチ
(本当に乗れるようになったら買う予定)と乗り換えて練習
し、トラックを何周もできるようになった。

「大満足」の結果にほどよい疲れと充実感のなか帰路に
ついた。

この感覚を忘れないうちに、さっそく公園で練習していよいよ
総仕上げをするつもりだ。

何事も基本が大事で、自転車の場合はそれがバランスで、
こぎ続けることでコケないで前に進むということがあらためて
親子でよくわかった。

プロに教わるのが一番の近道。オススメである。



関西サイクルスポーツセンター
http://www.kcsc.or.jp/

関西サイクルスポーツセンター 自転車初心者教室
http://www.kcsc.or.jp/web-content/1601-shoshinsya.html 

この記事へのコメント