消費税中間申告と消費税予定納税

22年分の消費税(消費税+地方消費税)の年額が
60万円超(消費税4%分で48万円超)の個人事業
者の方には、税務署から消費税の書類が届いた頃
だろう。ごくごく基本的なことだが、うっかり間違うこと
のないように取り上げたい。

税務署から届いた封筒を開けると下半分に納付書、
上半分に消費税の税額が計算された書類が見える。

注意深く上半分の書類を確認すると、実は2枚目と
3枚目が消費税の中間申告書であることがわかる。

うっかり捨ててしまうことのないように注意したい。

中間申告書に事業所のゴム印を押して申告する場合
は問題ないが、ボールペンで記入する場合には、
「不親切にも」複写式になっていないので2枚目と
同様に3枚目も記入する必要がある。(まぁ、これは
認印を押す時に気付くだろうが)

消費税の個人の中間申告の期限は8月末である。
税務署に提出する必要がある。

送られてきた書類の下半分は納付書である。

納付書で納税の方は8月末までに金融機関で納税
することになる。

振替納税の方は、今年は9月28日が引き落としの
日である。

以上、法人の経営者とくらべて個人の事業者の方
のほうが不慣れなので念のため解説させていた
だいた。

今年初めて書類が届いた方に参考になればさいわい
である。



国税庁 タックスアンサー 消費税 中間申告
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shohi/6609.htm

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント