八尾市の後藤税務会計のホンネ~税理士報酬はなぜ高いか?~

税理士報酬は高いと決め付けていませんか?
今の税理士報酬とサービスに満足していますか?
「顧問料」というあいまいな料金に納得できますか?


大阪は八尾市でFP税理士として活動している
後藤税務会計です。
今年で7年目にさしかかっています。
はじめは試行錯誤ながら、
ようやくいろいろなことがわかってきました。


けっこう昔ながらの税理士事務所や会計事務所
とおつきあいの法人にかぎって、
①毎月の訪問がない
②来るのは税理士でなく担当者
③こちらで記帳している
のにもかかわらず、高い「顧問料」を払っている。
それでも、長い付き合いだからとか言って渋々
払っているのが現状だろうか?

そんなこともあり、税理士を変えたいというニーズ
が高まり、昨今は税理士紹介会社が本当にたくさん
あり、一般的には営業能力のないとされる税理士業界を
席巻しているのが現状だ。


税理士報酬がなぜ高いか?


それは、ズバリ、「顧問料」と「記帳料」が含まれて
いるからだ。


「顧問料」は実に不透明な料金で非現代的だ。
いざというときに、あなたの「顧問」税理士は会社を
守ってくれますか?調査の際には立会い料を別途請求
されているのではないだろうか?
「顧問料」は何のための安心料だろうか?

「記帳料」は会計事務所のペースでオフコン会計
につきあっているとチェックとデータ入力料として
理不尽に発生するものである。
時代は何年も前から、自計化(市販の会計ソフト、
弥生会計などで記帳すること)の流れだ。
弥生会計で記帳できていれば、対応税理士は
まさに選びたい放題だ。


後藤税務税務では、独立当初から、お客様のニーズ
にお答えしてきた結果、「顧問料」なしを実践して
いる。というより、「顧問料」という話にならなかった
というのが正解かもしれない。

弥生会計で記帳するから、決算と定期訪問で、
毎月訪問はいらないので安くしてほしい。
このお客様のニーズは非常に強かったと言える。

もちろん中には大きい金額の税理士報酬を
いただいている法人・個人のお客様もいらっしゃるが、
あくまで毎月のお付き合いや記帳代行も含まれて
おり、不透明な「顧問料」という「上乗せ」のない
適正価格であることを自負している。



あなたの会社は、今の税理士報酬に満足して
いるだろうか?



①サービス内容と年間料金を無料でお見積もり
②セカンドオピニオンで本音でおつきあい
③弥生会計で高い「顧問料」「記帳料」から脱出
④ネット会計の活用も視野に

八尾市の後藤税務会計は、今お持ちの、不信感、理不尽感を瞬時に解決!!

八尾市のFP税理士・後藤税務会計
【ご挨拶】
http://www.goto-service.com/greeting.html
【料金表】
http://www.goto-service.com/fee.html 
【お問い合わせ】
http://www.goto-service.com/contact.html

弥生会計
http://www.yayoi-kk.co.jp/index.html










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント